So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

東北ボランティアツアー ボクたちの脱走 [東北]

花

  東北ボランティアツアー 六日目 午後
午前中に 町内清掃 (クリックで記事へ) をした後、一度帰ってきました。


  クスッと笑おうキャンペーン
ぬこ
 ああ、狭くて落ち着くw

森

午後から、もう少し町内を回って七ヶ浜の風景を目に焼き付けて
帰ってきたらボランティアスケジュールはすべて終わり。

後は名古屋に帰るだけですが・・・

生ビール

脱走しちゃいましたw

続きを読む


東北ボランティアツアー 7分の1の純情編 [東北]

空

  東北ボランティアツアー 六日目
明日午前中には名古屋に向けてバスで出発します。
七ヶ浜町での活動は今日が最後ですが、残念ながら月曜日はボランティアセンターがお休みのため、ボランティア作業はありません。
変わりに町民との交流会が企画されていました。

瓦礫の山

結局、一週間の行程のうち、ボランティア活動が出来たのは1日半だけ
楽しみにしていた足湯でのふれあいは連絡ミスで現地にて中止
復興まつりで一日、大学生企画で一日・・・何とか捻り出した休みを使った貴重な時間は汗をかけないまま過ぎていく。


  クスッと笑おうキャンペーン
暖かい!
  くつろぎ過ぎw

道

  2011年9月12日 9:21 七ヶ浜町
同じ様な思いを抱えたオヤヂ達が6人で小さな反乱を起こしました。
交流会ではなく汗をかくことを選び、町内のゴミ拾いに出かけます。

続きを読む


東北ボランティアツアー菖蒲田浜復興まつり 夜祭&名古屋B級グルメ編 [東北]

太陽

  東北ボランティアツアー 四日目
セレモニー (クリックで記事へ) 終了後、まつり会場へ


  クスッと笑おうキャンペーン
ココはどこ?
  お~~い!下、下!

復興まつり

地元の人々と各地から集まってきたボランティアの手で、ひとつの祭が作り上げられました。笑顔がたくさん見られるとイイなぁ。

続きを読む


東北ボランティアツアー菖蒲田浜復興まつり 浜清掃&セレモニー編 [東北]

菖蒲田浜

  東北ボランティアツアー 四日目
青い空、白い砂浜、美しい風景です。
半年前には大型コンテナが砂浜を埋め尽くしていました。


  クスッと笑おうキャンペーン
ここはドコ?
  お~~い!下、下!

菖蒲田浜

  2011年9月10日 12:45 宮城県 七ヶ浜町 菖蒲田浜
震災から半年目のセレモニーと復興まつりをこの日に開催
 一日早いのは翌11日に町議選を行うため。ただ、定員以上の立候補がなかったので無投票になり、町は静かなままです。

続きを読む


東北ボランティアツアー 作業&飯炊きオヤヂ奮闘編 [東北]

松

  東北ボランティアツアー 2日目
海岸に立つ一本松
地震にも津波にも 負げねっす!


  クスッと笑おうキャンペーン
ティーカップキャット
  ちっちぇ~~! で、かわぇぇぇ!デレデレ

ボラセン

  2011年9月8日 9:12 七ヶ浜ボランティアセンター
朝食をいただいた後、ボラセンで今日の作業の受付
朝礼で作業分担などを発表後、活動の注意などあり

ボラセン

初日の作業に出発です。
大学生組も女子は張り切っているのに、男子は・・・子供やね

続きを読む


東北ボランティアツアー朝焼け+手さぐり飯炊編 [東北]

朝焼け

  2011年9月8日 4:32 七ヶ浜にて
色々あって早起きしたら朝焼けが見えました。


  クスッと笑おうキャンペーン
寝落ち
  ワシ、昔 寝落ち魔王 って呼ばれてましたw

朝焼け

9月の頭、まだまだ暑い時期でしたが、さすがに朝は涼しい
少し散歩でもして見ましょう。

続きを読む


東北ボランティアツアー北へ編~復興応援丼@国見SA(福島) [東北]

前日紹介した 山賊焼き (クリックで記事へ) の由来ですが、一説によると
 「山賊は(物を)取り上げる」 → とりあげる 鳥揚げる
ってw、駄洒落か~~い!でも、何故「焼き」?

夕暮れ

  2011年9月7日 17:15 福島県に入ったあたり
陽が沈み始めましたが、まだまだバスの中
休憩

トイレ休憩のたびに思い切り手足を伸ばしてみます。

車内

大型バスに29人だから少しは楽なのですけどね


  クスッと笑おうキャンペーン
ネコ弁当
  ねこ弁w

夕景

  2011年9月7日 18:16 国見SA (福島県伊達郡)
東北自動車道のサービスエリアで夕食

国見SA

行きは時間に余裕があるので休憩も多めで長め。
SA内を探検していたらレストランを見つけました!

続きを読む


宮城県七ヶ浜にて [東北]

ひまわり
旅がまもなく終わります。

台風に追われて急ぎ旅立ち

あちこちで嵐を起こしながら全国を転々とし

1週間-1日のボランティア活動で復興の現実~いま~を知り

気持ちを新たに引き締めなおしてきました。

   この後は少しだけショックな画像があります。

続きを読む


表浜漁業再生プロジェクト(宮城) [東北]

夜明け

東北・三陸地方を津波が襲って5ヶ月が経ちました。
復興は遅々として進まず、まだまだ手が・お金が足りぬ場所ばかりなのに、被災地を離れて住む我々の記憶は薄くなっていきます。

そんな中、仙台市在住のソネブロガー kotobukimaru さん (クリックでブログへ) さんからSOSが聞こえてきました。

表浜漁港

牡鹿半島の南西部にある表浜漁港
日本有数の漁場である金華山沖を抱える港町がもがき苦しんでいます。

今回の津波によって、多くの物が流失してしまいました。
300艘あった漁船も、今では50艘。牡蠣やワカメの作業場も、
漁に使う道具も、住む家もほとんど残っていません。
地震で地盤が下がり、岸壁は満潮時には冠水してしまいます。


  表浜漁業再生プロジェクトクリックで公式サイトへ)
金華山沖玉手箱という未来の商品を買ってもらうことで漁業を再生し、漁業が再生したら玉手箱を送るという仕組みです。
お返しできるのは何年後になるかわかりませんが、
全国からいただいた思いを胸に、全力で再生に取り組んでいきます!


続きを読む


旅の終わり~福島駅編@東日本大震災 復興支援ボランティアツアー [東北]

話は少し戻ります。
復興支援ボランティアツアー離団 (クリックで記事へ) して一ノ関駅から「やまびこ」に乗り南下、東京を目指します。

仙台駅

  2011年5月30日 16:47 JR仙台
仙台駅で「やまびこ」から「Maxやまびこ」に乗り換え
これで、E2系とE4系に初乗車!時刻表を見るとプチ鉄の血が騒ぐw

福島駅

  2011年5月30日 17:21 JR福島
福島駅での停車は13分。長めなのは理由があります。
荷物を座席に置いたまま最後尾の8号車を目指します。

構内

これから「鉄ちゃん」の血を騒がせる作業が始まるのです。

続きを読む


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。