So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

一日目@東日本大震災 復興支援ボランティアツアー(岩手・釜石) [東北]

  2011年5月28日 10:14 釜石市近郊
今回のボランティア活動の際に自分自身で律したことがあります。
 ・必ず了解を取って撮影する。
 ・こちらからは震災関係の質問はしない。
 ・軽々しく「頑張ってください」と言わない。

頑張り過ぎるくらい頑張っている皆さんに不快な思いをさせないことを常に念頭において行動させていただきました。
ですから、このブログに記載する画像は了解をいただいていますし、お話はすべて相手方から教えていただいたことです。

ボランティア

釜石駅横にあるボランティアセンターで受付を終えた後は、40名が二班に分かれて初めての作業を開始いたします。

一班30名は側溝の泥さらい。そして、私を含む10名で個人宅の片付けのお手伝いに向かいました。

花

漁師のお父さんとお母さん、そして息子さんの三人で被災した住宅の二階で居住されています。下の画像の出窓上にある線が水の跡だそうです。

私たちの作業は、部屋の片付けや床下の泥さらい。
リフォームする際に床下に汚泥が残ったままだと湿気やカビの原因になりますのですべて取りさらわなければなりません。

しかし、瓦礫の混じった泥は20cm近い厚みで床下を覆っています。たった二部屋の泥さらいで50枚持っていった土のう袋は足りなくなりました。
津波の被害は見えない場所まで本当にひどいものでした。

アワビ獲り

お昼休憩中にアワビ獲りの道具を見せていただきました。

ウニ用網

こちらは、ウニを採る為の網だそうです。
お父さんが「早く海に出たい!」と嬉しそうに紹介してくれました。
でも、津波で船を失ったため、現在は漁協の対応待ちだそうです。

卵焼き&お漬物

こちらは、お昼におかあさんが出してくれたお茶受け
甘い卵焼きと絶品の胡瓜漬!どちらも美味しかった!

蒸しパン

作業が終わって出してくれた蒸しパンもお母さんの手作り
懐かしい、暖かい、素朴なおふくろの味でした。

ここからは、この集落の状況をごらんいただきます。
かなりショッキングな画像が続きます・・・

街灯

へし折れた街灯の先に防波堤があります。

防波堤
手すり

手前の鉄製の手すりが完全に折れ曲がっています。

防波林

防波堤と道路の間に防波林とグラウンドあるのですが、資材置場にするために防波林を切ったそうで、お父さんが嘆いています。
「行政はダメだぁ。また、大きくなるまで時間がかかるのになぁ。」

記念碑

この二本だけ残った松の正面に以前の津波記念碑があります。
今回の津波で集落全140軒のうち碑より下の50軒が流失しました。

道路
流失

津波は記念碑横の道路を越えて下の集落を襲いました。
「防波堤が出来て、もう大丈夫だと思って家建てたの」
自身も被災し家を流されたと自治会長さんが話します。

流失
流失

でも、この集落の震災犠牲者は3名。うち2名は釜石の勤務先で亡くなったそうですから、ここでの犠牲者は1名だけです。

「2日前の地震が、いい予行演習になったのなぁ。」
自治会長さんの言葉に三陸の人々の強さを見た気がしました。

見送り

  2011年5月28日 15:40 撤収
基本的にボランティア作業は朝8時30分受付開始、そして16時までに作業を終えてボランティアセンターに帰らなければいけません。

10名で5時間ほどでは、すべての作業を終えることは出来ませんでした。
それでも、私たちは帰らなければいけません。

見送りに来てくれたお父さんとお母さんは、ずっと手を振ってくれました。
ありがとうございました!
そして、ごちそうさまでした!

今回は、お父さん達に「ガンバレ!nice! 」をお願いします。

nice!(32)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 32

コメント 8

mayu

ふざけたniceではなくて色んな意味のniceです!
へろーめさん『お疲れ様」のnice、東北頑張れniceだったり行政もっと頑張れ!の意味合いだったり…

本当に、お疲れ様でした。

by mayu (2011-06-02 15:24) 

Kこ

はじめまして。いつも読ませていただいてました。
被災地の方々のパワーはテレビ見て本当にこちらがパワーをいただいてる気がします。何というコメントを書いたら良いのかわかりませんが、思わず書いてます。ありがとうございました。
by Kこ (2011-06-02 17:03) 

かうぞう

にいさん、お疲れ様でした。
nice!、にいさんにも、この日のお父さん、お母さんにも、
東北で復興に向けて頑張っているみなさんに送りたいです。

ニュースとかじゃなく、身近な人からのリアルな話で今まで漠然としていたものが、改めて被害の大きさを感じてます。
阪神大震災と違って、津波の被害が復興への道を険しくしてますね、でもそんな中でも気遣いをしてくれるやさしい、あたたかい気持ち、ほんとみなさん素晴らしいですね。


by かうぞう (2011-06-02 20:53) 

rtfk

拝見拝読していて涙が出ます。
私なぞが軽々しくコメントできることではありませんが
一日も早い復興を祈って自分にできる援助を継続することで
被災地へのエールにしたいと思います。
by rtfk (2011-06-03 05:35) 

うつぼ

2ヶ月以上経ってもこの状況では人が足りているとは
いえませんね。
公平さを保つために同じ家に2日続けていけない、と
ボランティアで行った人が残念そうに言っていたのを
以前テレビでみたのですが、へろーめさんの場合も
同じだったのでしょうか。
土嚢袋50枚があっという間になくなるような状態で
一日だけというのは、被災された方々には非情な気がして
なりませんね。
by うつぼ (2011-06-03 06:51) 

よーちゃん

自治会長さんの言葉、確かにたくましさを感じます。
by よーちゃん (2011-06-03 12:26) 

ken_jp

へろーめさん あなた偉いよ
なんだかんだ言ったって やっぱり行動出来る人が偉い!
by ken_jp (2011-06-04 09:53) 

lovin

防波堤作ったのに、、
本当に自然の力って計り知れないほどなんですね。
そんな中で、出してくれたお茶うけ、力強さとやさしさを感じます。
by lovin (2011-06-05 08:38) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。