So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

三日目 陸前高田へ@東日本大震災 復興支援ボランティアツアー(岩手) [東北]

  2011年5月30日 10:47
幸迎館を10時に出発したバスは、通い慣れた道を走ります。
バス

27日22日に新宿を出発してから、ずっと足となってくれたバスとも,もうじきお別れです。長時間の移動は疲れましたが、このバスが無ければツアーは催行できませんでした。

道の駅 とうわ

  2011年5月30日 10:43 東和町
最初に立ち寄ったのは、「道の駅 とうわ」温浴施設を併設しており、本来は三日目の作業終了後にお風呂に入る予定でした。

三日目のボランティア作業が中止になったことでスケジュールが変更になり、陸前高田の被害状況を見た後に平泉を観光し、仙台で夕食を摂り、予定通り翌日早朝に新宿着となりました。

状況が変わりましたので、行程中の東和・一関・仙台で離団できることになり、まず一名が離団します。
社会人の参加者は早朝着の新宿から直接出社予定の方もいるので、ボランティアがなければ早めに帰る方が楽ですからね。

東和町

高村光太郎、新渡戸稲造を差し置いて一番上に来ている萬鉄五郎?
「まんてつ ごろう」さんかと思ったら「よろず てつごろう」さんなのね。
芸術家らしいのですが、全然知りませんでしたw

眼鏡橋

JR釜石線、花巻と釜石を結ぶ単線のローカル鉄道
こういった石造りの陸橋もあり、一度ゆっくり巡り歩きたいと思いました。

遠野を過ぎた頃、道を右にそれて釜石ではなく大船渡を目指します。
ちょうど、その頃から雨が降り始め、海に近づくにつれ雨風がひどくなり、大船渡に着く頃には大雨になっていました。

大船渡も釜石と同じく平穏な街並みが突然切れて、津波によって荒れ果てた町へと変わります。私たちはバスで通過するだけですが、ここに住む人々の気持ちを思うと・・・
でも、釜石も大船渡もまだ良い状況だったのです。

陸前高田

  2011年5月30日 13:01 陸前高田
陸前高田市に到着した頃には強い雨風が吹き荒れています。
そして、私たちの前には信じられない光景が・・・

ここから先はショッキングな映像があります。

続きを読む


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。